低用量ピルの平均的な値段・避妊に失敗する事もある?

低用量ピルは避妊の効果を得られる内服薬です。
コンドームで避妊している方も多いようですが、コンドームでの避妊率は約8割にとどまります。
一方、低用量ピルはというと100%の確率で避妊の効果を得られる点が特徴です。

ただし、正しく服用しないと避妊に失敗してしまうので、その点は注意しましょう。
低用量ピルは毎日服用する事で、避妊の効果を発揮します。

女性の卵巣では卵胞ホルモンと、黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンが分泌しており、これらのホルモンバランスが変化する事によって、排卵したり生理となるのです。

低用量ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンと、同じ作用をするホルモン剤が含まれています。
体内の女性ホルモン量が一定となる事で、排卵をストップできます。
排卵しなければ妊娠する事は無いので、低用量ピルを服用していれば100%避妊の効果を得られるのです。

ただ、服用したりしなかったりなど、毎日しっかり飲み続けなければ女性ホルモンのバランスが変わり、排卵してしまう恐れがあります。
排卵してしまうと避妊に失敗してしまうリスクは、グンと上昇してしまいます。

また、毎日服用を続けるのはもちろん、できるだけ同じ時間帯に飲むという事も、失敗のリスクを上げる為には大切です。
同じ時間帯にとる事で、女性ホルモン量を一定にキープできます。

正しく服用していれば、100%の確率で避妊する事が可能です。
妊娠を希望しないのであれば、大人のマナーとして低用量ピルを活用してみましょう。

しかし、毎日飲み続ける必要がある薬という事もあり、値段が気になるという方も多いかと思います。
値段は低用量ピルの種類、処方してもらうクリニックなどによって違います。
月に約2500円程度の値段が平均的です。

ページの先頭へ戻る