低用量ピルで皮脂分泌が減る?

大人になってからニキビに悩まされるようになったという場合、もしかしたらホルモンバランスが崩れている恐れがあります。
女性は卵巣で卵胞ホルモンと、黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンが作られており、これらの分泌バランスが変化する事によって、生理が始まったり妊娠しやすい体となるという特徴があります。

ですが、ちょっとしたストレスでも女性ホルモンのバランスは崩れてしまいがちです。
バランスがおかしくなり、黄体ホルモンが優位になると皮脂分泌が増加します。

ニキビの原因となるアクネ菌は皮脂をエサとしているので、皮脂分泌の多い肌はニキビができやすい環境にあるのです。
ホルモンが引き金となっているので、スキンケアでは改善する事はできません。

このようなタイプのニキビには、「低用量ピル」による治療が有効です。
低用量ピルと聞くと避妊薬としてのイメージがありますが、最近はホルモンバランスの崩れによるニキビ治療にも、ポピュラーに処方されています。

低用量ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモン、2種類の女性ホルモンと同じ作用をするホルモン剤が含まれており、服用すると体内の女性ホルモン量を一定にキープする事が可能です。

女性ホルモンのバランスが変化しない為、皮脂分泌も落ち着きニキビができにくくなるという仕組みです。
顔のニキビだけでなく、背中など難治性のニキビ治療にも、低用量ピルは用いられています。

ただ、低用量ピルは毎日飲み続ける事が前提の薬です。
ですので、飲み忘れないよう注意しましょう。

低用量ピルユーザーの多くは、ケースに入れて持ち歩いています。
ケースに入れて持ち歩く事で飲み忘れを防げます。
自分流にケースをデコるというのも、流行しているようです。

ページの先頭へ戻る