低容量ピルの避妊効果の確立

低用量ピルの服用により期待される効果は、月経不順の改善、避妊、美肌やバストアップなどと様々です。これらは、低用量ピルの主成分である、女性ホルモン成分が原因です。ピルの主成分は「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステノーゲン(黄体ホルモン)」になります。低用量ピルとは、エストロゲンの配合量が50μg未満のものを指し、これ以上のものを高用量ピルとよんでいます。日本においては、避妊方法としてのピルの使用は、それほど一般化しておりませんが、欧米諸国では、ピルによる避妊が基本となっています。コンドームの避妊率に比べ、ピルは、99.9パーセントにも達し、ほぼ確卵巣がんや子宮体がんが減少する実に避妊することができると言えるでしょう。これほどの避妊効果がありながら、日本でピルが一般的ではない理由は、健康な人が、薬を使用することに対して、抵抗や身体への負担、不安などがあるからだと言われています。これらは、ピルに対する偏見や誤解があると言わざるをえず、逆に、コンドームの使用のみでの避妊がもたらす望まぬ妊娠、中絶、出産などが更なる負担を女性の身体にもたらすことを考えてみましょう。低用量ピルを使用することで、妊娠を防ぐことができるほか、生理周期が安定し、生理痛や月経前症候群(PMS)が改善される、卵巣がんや子宮体がんが減少するなどといったメリットもあります。低用量ピルがもたらす効果と同時に、正しい飲み方を理解し、上手に日常生活に取り入れていくことが大切です。特に避妊に関しては、女性の場合、自分の身は自分で守らなければなりません。望まぬ妊娠をして自分を傷つけてしまう前に、コンドームや低用量ピルを効果的に使用する知識を身につけましょう。

低容量ピルに含まれている成分と作用

経口避妊薬として利用される低用量ピルは、卵胞ホルモンであるエストロゲンと黄体ホルモンであるプロゲストーゲンを混合したホルモン剤で、エストロゲンが0.05mg未満のものを低用量ピルと定義して呼ばれています。低用量でわかることですが、このほかにも中用量や高用量といったピルが存在しますが、大幅にホルモン含有量が減っている低用量ピルは、従来のピルの中で身体への影響が少なく、副作用も少ないことから多くの人が利用できる避妊薬となっています。低用量ピルは服用すると、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲストーゲンが吸収されて、血中濃度を上昇させます。すると脳内の視床下部が卵巣から女性ホルモンが十分に分泌されていることから、妊娠しているものだと勘違いし、排卵を抑制するように働きかけます。また、子宮の入り口である子宮頚管に働きかけ、頚管粘液の量を減らすことで精子が子宮に入りにくい環境にすると同時に、子宮と卵管の運動性も変化し、精子と卵子の輸送が妨害されて受精が困難になります。そして最も低用量ピルの作用が大きい点が、服用することで女性ホルモンが一定の量で安定し、変化が少なくなることで子宮内膜を厚くさせないようにします。卵胞が発達するにつれ、卵胞ホルモンが分泌されて子宮内膜が徐々に厚くなっていきますが、低用量ピルの作用で成長が抑制されているので、子宮内膜が厚くならず薄いままで受精卵の着床が難しくなります。加えて薄いままなので、次の生理では出血や痛みが減少され、比較的に楽な生理を迎えることができます。子宮内膜が剥がれ落ちることで出血が起きますが、この作用は自然な生理現象と同じものです。しかし、通常の生理と区別が付かなくなるので、ピルによって人為的に起こした出血を消退出血と呼んでいます。

低容量ピルは避妊だけでは無く色々なメリットがある

低用量ピルはその錠内にエストロゲンとプロゲステロンに類似したホルモンを含んでいるため、それを毎日一定の時間に服用する事によって脳下垂体を妊娠状態であると認識させることが可能になります。脳下垂体が認識状態であると認識をすると排卵を起こす際に分泌される黄体化ホルモンが抑制されるため、卵巣からの排卵が停止された状態を起こします。そのため、排卵を停止させ妊娠を防ぐ事ができることから低用量ピルは一般的には妊娠を防ぐための避妊薬として使われていますが、妊娠を防ぐ目的以外にも使用される事があります。例えば、重い生理痛や、生理前のイライラした状態(PMS)を緩和する効果もあります。低用量ピルを服用すると、排卵が起こらなくなるため、生理時に起こる生理痛やその出血量が少なくなります。そのため、重い生理痛やPMSの症状に悩まされている女性に処方される事がよくあります。また、低用量ピルは毎日一定の時間に服用する事によって生理の周期を安定させることが可能になることから、生理不順に悩む女性や生理の日にちをずらしたい場合にも多く使用されています。そして、最近では肌荒れやニキビ治療にも低用量ピルが使用されるようになりました。それは、低用量ピルの中に含まれるホルモンの働きによって体内のホルモンバランスを保つことができるためです。女性の場合、生理前になると体内のホルモンバランスが崩れてしまう事から肌荒れやニキビを起こしやすくなってしまいます。そのため、ホルモンバランスを保つといった意味でも低用量ピルを使用する事が多くあります。これらのように、低用量ピルにはさまざまなメリットがあるため今では避妊を目的としない場合にも多くの女性たちに服用されています。

■低容量ピルは副作用が少なく避妊目的以外にも使用できます
ヤーズ

ページの先頭へ戻る